夏血栓注意報

夏血栓注意報

夏血栓注意報

夏場は、熱中症とよく似た脳梗塞にご注意を。

夏は汗による脱水で血栓ができやすい季節です。 しかも、冷や汗やめまい、倦怠感などの「熱中症」の症状は 「脳梗塞」の症状と酷似。適切な対応を心がけよう。 脳梗塞の症例数(季節別)平成20~22年度 夏が最も多い

気温32℃を超えると、脳梗塞による死亡率が急増!

台湾でのある調査では、気温32℃以上で死亡率は1.66倍に 急増しています。気温が高いほど注意が必要です。

「ナットウキナーゼで血栓予防」を毎日の習慣に

血栓予防には、血栓溶解成分「ナットウキナーゼ」の摂取がおすすめです。 ナットウキナーゼは血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけて、分解(溶解)する作用が期待されています。

2015年8月4日